case060

牛島の家

賢いプランニングで
憧れの薪ストーブ生活

BROOKのコンセプトハウスをベースに

家造りのベースとしてBROOKのコンセプトハウスBROOK LAB.(以下ブルックラボ)を基準にプラン作成を始められる方が最近多いのですが、今回はそんな事例の一つをご紹介いたします。
実は、ブルックラボの建物は1階よりも2階が大きく設計されており、独特の立体感を醸し出していますが、必ずしも2階が大きい必要はありません。そのため2階の面積を減らし、建物のボリュームを抑える事ができれば、コストダウンのための工夫の一つになるのではないでしょうか。

外観
ブルックラボの2階のオーバーハング部分をスパッと切り落としたようなデザインが清潔感のある白壁と相まって、とてもスッキリとした印象です。ブルックラボと比べてここは好みも分かれるところですが、実際にこの外観を採用されたお客様も多くいらっしゃいます。記事内の比較画像をぜひご覧ください。

1階
1階は玄関周りに鎮座する、お気に入りの薪ストーブの雰囲気に合わせ、土間周りの壁面に無垢材のパネリング仕上げを施しました。そして横に構えたアイランドキッチン。
今回の薪ストーブはクッキングストーブも兼ねたモデルですから、ストーブでの調理を絡めてキッチンとの連動も考慮したレイアウトとなりました。
このタイプのレイアウトを採用するもう一つのメリットは、玄関から見て奥側にあるリビングエリアが使いやすいスッキリした形になることです。
このタイプの外観デザインで人気の、窓辺に置いた鉄骨階段はリビングの良いアクセントになっています。

2階
2階の間取りは、もはや定番と言っても良い人気のプランを採用いただきました。寝室と隣接するバスルーム、そして将来の子供部屋を二つ作れるように設計段階から予め工夫されたホール。
このシンプルな構成で成り立っています。
2階部分は特に実用性を重視した結果、正解がこのパターンに絞られてきたように感じます。

今回は憧れの薪ストーブを楽しむために建物の予算を少しばかり抑えての計画となりましたが、単に予算を抑えるのも確かに悪くない選択ですが、このように「自分のやりたいことを実現するために!」というのもまたBROOKのお客様らしい選択だと感じました。
お気に入りの薪ストーブの煙突がそびえる外観にお客様も大満足です。