BROOKが考える快適な住空間のまとめ
「デザインと質感、おしゃれに暮らすよりも楽しく暮らす?」

住宅を手に入れたいと思うきっかけは人それぞれですが、「快適な住空間」を手に入れたいということと、そこで家族みんなで楽しく暮らしたいとの思いは共通していることでしょう。
夏涼しく冬暖かく、そして耐久性にも優れ、丈夫であることは今の住宅ではもはやあたりまえです。
そして趣味嗜好もありますが「デザインや質感」なども大切にされる方も多いことでしょう。
BROOKのお客様は住宅としてのあたりまえの性能はもちろんのこと、このデザインや質感の部分も大切にされている方が多いように感じます。

  • 窓枠を壁と同じ素材で巻込み仕上げに、言わずもがなユーザー様のセンスと、明るめの無垢床とステンレスキッチンの質感が絶妙にマッチ
  • 総土間の1階は裏庭へシームレスに繋がり、生い茂るグリーンとコンクリート階段が素敵に調和

こちらの写真のように、今回は実際にBROOKに住まわれている方の写真なども参考にまとめました。

「快適な住空間」とはどんなこと?
BROOKの快適さの基準は人肌感覚

この快適さについてはBROOKなりのこだわりを持っています。今どき、暑い、寒い、結露だらけの家は誰も望みません。快適な暮らしをしっかりと担保してこそ、デザインなどの付加価値の部分が初めて活きてくるというものです。
そこで私たちが大切にしているのは人の肌感覚です。スペックシートや計測機器で示される無味乾燥な数字やデータの羅列を判断基準にするのではなく、人が肌で快適と感じられるか否かを最も重要視しています。

ただ、私達がどんなに十分な性能とは言っても、人によっては計測機器による最高スペックの住宅を求める方もいらっしゃると思います。これはどこに基準点を設けるかによって変わりますのでそれぞれでご判断いただきたいと思います。
BROOKが良しとしているように人の肌感覚基準で快適さを求めれば十分と考えるのか、それともさらに細かなセンサーなどで計測し、数値化したスペックの優秀さを追求するのか、自分たちはこのどちらの側に近いのか?
まずはそこを考えた上で求める性能をご判断いただきたく思います。

人の肌感として十分な心地よさに+α

そこで私たちBROOKが大切にしていることは、住宅としての大切な要素は当たり前にクリアし、さらにプラスαの快適さを追求することです。
プラスαとはそこに住まう人の感覚や暮らし方を重視しつつ、住宅として長く愛用できるように、間取りはもちろん、窓のバランスや設備機器などに至るまで、快適さはもとより、楽しく暮らすためにどうあるべきかを徹底的に吟味してゆくことだと考えています。

  • ビルトインガレージとの比重、窓の高さを揃えデザイン性を保ちながらも、窓としての機能を損なわないバランス
  • 仕切りのないリビングからシームレスなプライベートガーデンへ、1階と庭までほとんどがシームレスに

例えば、リビングのお気に入りの椅子に座った時に快適感を十分に得られるのか、キッチンに立った人が快適に過ごせるか、庭のウッドデッキとリビングとの連携は心地よいか?などなど、とても細かく考えます。
お客様それぞれが大切にしていることをしっかりと受け止めつつ、熟慮の上で住空間のご提案を差し上げているのです。

  • 家電や小物などユーザー様のセンスも光るゆとりと温かみのあるアイランドキッチン
  • フル活用する薪ストーブと、ウッドデッキとリビングの良好な関係

この、数値で表せない人の感覚を大切にし、けっして数値には現れないけれど、だからこそ大切な性能の一部として住宅に反映させることが、BROOKの考える本当に「快適な住空間」を実現する方法と考えています。

「デザインや質感」を大切にする
とはどんなこと?
シンプルであることのメリット

BROOKでは「家は道具」との創業以来の考えから、外観デザインは無用の凹凸を嫌い、虚飾を排し、流行に流されず、無駄を省いたシンプルな形を是としています。
これは長年に渡って愛用され続けている様々な定番アイテムのデザインを見れば明らかです。これらは時代を経ても美しく存在し続けています。
つまりはシンプルであるということに尽きるのですが、言い換えれば「用の美」とも言えるでしょう。このデザイン寿命も住宅の性能の一部と考えていますから、流行を安易に追わない飽きのこないシンプルデザインが最適と考えています。

  • 直線的デザインなのに草木や自然に馴染む質感
  • サッシの細いラインの気遣いで、夜も際立つ見映えに
  • 重厚感のある配色と質感、ウッドフェンスとユーザー様のセンスでベストバランスに
  • 外構デザインと表裏一体、住宅地で一際個性を放つCUBE型の平屋

私達はわざとらしいデザインのためのデザインよりも、研ぎ澄まされた機能が美しい外観を形作るようなデザインが大好きなのです。故にBROOKの建物も少々物足りないくらいアッサリしたデザインが多いのですが、これは先の道具類のように「用の美」を追求した結果、現出した外観のカタチなのです。

  • 素敵なロケーションも相まった、コンパクトデザインのお手本のようなお家
  • 整然とした切妻屋根の家を正面から、斜めに入る外構デザインが光ります
  • 外構とのデザインバランス、扉の素材感、ウッドデッキなどの木とコンクリートの素材を活かしたファサード
  • アウトドアリビングとしてのインナーデッキと裏庭のデザインバランスの妙

そして、長く使う道具達は良い素材を使っています。経年変化に負けない機能としての耐久性ももちろんですが、例え傷がついたりしてもそれが良い風合いに感じられる質感もまた、愛着を持って使うためには重要だと思っています。ゆえにBROOKの家を構成する部材は手に触れる部分や毎日目にする部分には質感の良い本物の材料を使います。

  • アウトドアにフル活用するための土間玄関と、どこにでも釘が打てる無垢のパネリング壁
  • 経年変化とともに風合いが増す、日本の様式美を踏襲した無国籍ハウス

そして構造などの目に見えない部分にはとにかく耐久性やきちんとした性能を発揮するものを選びます。あえて高価な材料を使わずとも、吟味した本物の素材を使うことで十分に心地よい質感を得ることはできるとも考えています。ここはコストパフォーマンスも含め、BROOKのセンスとバランス感覚が問われる部分でしょう。

オシャレに暮らすより楽しく暮らす?
インテリアテイスト縛りからの開放

先にお話させていただいたように、BROOKでは暮らす人が快適に安心して過ごせるように様々な工夫を凝らし材料を吟味しています。これは取りも直さず、お客様が日々を楽しく快適に過ごしてもらうための努力に他なりません。快適で丈夫な家であれば無用の心配をせず、日々ただ楽しく暮らすことだけを考えていられることでしょう。
でも「楽しく暮らす」ということの基準はひとりひとり異なります。

  • お気に入りの場所はいつでも好みのインテリアで、毎日を楽しく過ごすユーザー様
  • 垣間見えるユーザー様のセンスと、お家の中心に鎮座する北欧デザインの薪ストーブ

デザイナーズ家具に囲まれた素敵な空間に身をおくことが何よりも好きという方もいれば、家ではリラックスして過ごしたいから緊張感のないインテリアが落ち着くという方、料理が大好きでキッチンにいることが多いのでとにかく快適なキッチンしたいなど、求めるものは人それぞれ。もちろん土間やウッドデッキの使い方もまた然りです。

  • 気分が高ぶる重厚感のあるキッチンスペースで腕によりをかけてお料理を
  • 大胆な広さの土間は、いつしか来る人だれもが好きなスペースに

このように心地よさや、楽しく暮らすということは一つの答えだけではとてもまかない切れるものではありません。
その上、更に時間軸の要素が加わると、今のインテリアの好みだけでなく将来のインテリアの好みもまるで洋服の好みのように180度変わってしまうことも考えられますよね。
また、ライフステージが進めばインテリアにも変化が訪れるかもしれません。例えば、子育て真っ最中のステージでは、見た目重視のインテリアよりもとにかく子供優先になってしまいがちです。

  • 時間軸の変化と、子ども部屋を想定したBROOK LAB.の実験スペース
  • お子様の絵もインテリアに変えてしまうユーザー様の素敵な工夫

そして忙しい毎日をこなすのが精一杯になるのならインテリアもその時は実用優先。でも、やがて子どもたちが巣立ち、のんびり夫婦二人のステージが訪れたとき、今までと同じような暮らし方でいるとは思えませんよね。
このように、時代、好み、ライフステージで「楽しく暮らす」基準も変わりゆくものではないでしょうか。

あ と が き

設計の最初の段階から、そもそも人は変化するということを踏まえたBROOKの家ならば、ベースがシンプルだからインテリアのテイストも自由自在。それぞれがその時々のステージで、心地よいと思える家をとことん追求していただけると思います。
このように長きに渡り、家は変化しながら道具として使い倒されることを前提とするが故にシンプルに設計しているのがBROOKのお家なのです。
日々あえて家のことは意識せず、住む人が主役となって「楽しく暮らす」ことが最優先だと考えていますから家はあくまでも脇役です。
オシャレな暮らしももちろん楽しいものですが、必ずしもオシャレな暮らしだけが正解ではありません。その時々の変化も楽しみながら肩肘張らずに楽しく過ごしていただきたいと思います。私たちBROOKはそれをしっかりと支える名脇役で在り続けたいと考えています。

施工事例を全部みる

AUTHOR:BROOK Inc.

ブルックのSNSアカウントです。フォローや友だち追加お待ちしております。