case062

土崎の家

潔いファサードが目を引く
開放的なシンプルハウス

少し交通量の多い道路沿いに建つ、ややコンパクトなBROOKです。幸い土地が縦に長いことから、建物を奥に配置することで、交通量の多い道路という住環境としてはマイナスな面を緩和することが出来ました。
いつものキューブ型のデザインをとりわけ引き立てる白い塗り壁も際立つ印象です。
今回は特にファサード面に特徴のあるデザインになりましたが、一階はフルオープンの解放感、二階の壁面は思い切って窓の無いデザインとすることでメリハリの効いた見え方が魅力的な建物に仕上がりました。

1階
玄関面はフルオープンサッシを開け放つと、これ以上無いほどの解放感が味わえる上に、土間と入口側のコンクリートデッキを一体で使うことが出来るので、自宅に居ながらグランピングのような楽しさを味わえます。こちらの建物はバスルームを2階に置くことと背面キッチンにすることで、サイズを超えた広いリビングを手に入れることが出来ました。こうした工夫はBROOKの真骨頂とも言える特徴の一つです。必ずしも2階に水廻りをレイアウトする必要はありませんがコンパクト目な住宅のリビングを最大限に確保するのにはとても有効なアイディアです。

2階
寝室とバスルームそして将来的に子供部屋になるホールという定番のレイアウトですが、こちらはゆるく仕切れるよう、予めロールスクリーンを設置してあります。お客様が宿泊する際にも対応が出来るよう、ちょっとした工夫をさせていただきました。

シンプルな外観とアクセントの効いたファサード、真っ白な塗り壁の表情が美しい建物に仕上がりました。間取り自体はBROOKとしてはオーソドックスなものですが、これは将来に渡ってお客様自身が様々に工夫を凝らして、楽しく暮らして頂けるようにと練り上げたプランです。末永くお楽しみいただければ幸いです。