case056

土崎の家

使いやすさと楽しさを両立させた
フレキシブルハウス

今回、ご紹介する住宅は使いやすさにも配慮しつつBROOKらしさも損なわないというバランスの取れたプランです。
極端に尖ったところはありませんが、その分、どなたにもおすすめしやすい一階バスルームのオーソドックスな間取りに仕上がっています。
立地は古くからある街中の普通の住宅地ですが、土地の大きさはなかなかのもの。しかも角地というメリットを活かしたガレージハウスです。このガレージは少し特徴的なポイントになりますので、詳しくは後述させていただきます。

土地を活かしたおおらかなデザイン

外観
スッキリと左右に伸びたピロティ部分の立ち上がりが印象的なデザインです。
さらに少し奥まって見える一階の大開口サッシからは立体感も感じられ、デザインの大切なアクセントになっています。
このピロティは単なる外観デザインとしてのみならず、玄関ドアとウッドデッキにかかる雨を防ぐという機能も兼ねています。
そしていつも通り、窓のアライメントとサイズ感については吟味したスッキリしたデザインでまとめられています。
そして、やはり定番の白い塗り壁はシンプルなBROOKデザインを更に引立ててくれているようです。

潔い間取りを実現させるための工夫

1階
特徴的なガレージのようなエリアは、実はユーティリティスペースと呼べるもので、床は全部コンクリート土間で仕上げられています。趣味の作業場、仲間の集まるサロン、ありとあらゆる使い方を想定したとても楽しいエリアです。
玄関を隔ててリビングとユーティリティエリアをしっかりと分けてゾーニングをした結果、プライベート感をしっかりと重視しつつも解放的で楽しく使えるリビングになりました。
キッチンレイアウトはリビングを最も広く使える背面キッチンを採用し、広がりのあるリビングの邪魔をしないような工夫をさせていただきました。キッチンに隣接するパントリーはキッチン周りの機能をまとめることでリビングをスッキリとさせることができます。
そして、こちらの間取りではバスルームをキッチン後ろの壁裏に設てありますので、ドアを閉めれば存在感が無くなるような配慮もさせて頂きました。
少し大きく作った土間続きの玄関収納はリビング側から見ると少し出っぱって見えますが、この出っ張りを活かすように奥まった部分にトイレを目立たないように配置させていただきました。とにかくリビングの形が綺麗で使いやすい印象です。

2階
部屋と呼べるのは寝室だけという潔い間取りが特徴的な二階のプランですが、この広いホールはただの空間としてではなく、いずれ個室にできるように設計段階から十分に考慮されています。
今のところは自由な空間をご夫婦で広々と使われるとのことですが、セカンドリビングとして少しプライバシーに振った暮らし方も出来そうです。
このようにあまり間取りを細かくせず、必要に応じて必要な面積だけをその都度、使うというフレキシブルな発想は家をむしろ使いやすくしてくれる工夫の一つかもしれませんね。

こちらの住宅はとてもスッキリした外観デザインの中に、使いやすい工夫と楽しさを両立させた自信作です。これからご家族でこの家を自由自在に住みこなしていただければ幸いです。