case052

楢山の家

土地も間取りも
心地よくゾーニングされた家











正面の庭と、背面の家庭菜園

初対面からとても明るく気さくなご夫婦だったのが印象的でした。土地選びに少々難儀しましたが、お施主様の努力の甲斐あって、無事にお目当てのエリアで見つけることができました。
しかし、こちらの敷地は当初のご希望よりは少し大きめで縦長の地形です。この特徴をうまく活かした配置でプランをさせていただきました。
南側に道路のある土地ですが、街中とはいえ、それほど人通りも多くはない静かなエリアゆえ、家の正面に大きくしっかりと庭を取り、あえて敷地を分断するような形で家を配置して建物の裏には家庭菜園のスペースも確保。
しかしながらお客様のご希望のサイズとデザインの建物を実現するためには少しぴったりすぎるサイズ感。このため玄関土間を通り抜けて建物の裏にある家庭菜園にアクセスしやすいように工夫させていただきました。

天候で変わる建物の表情

外観
外観は晴れた日には鮮やかなブルーが際立ちますが、曇りや雨の日は落ち着いた発色のネイビーブルーの塗り壁で仕上げました。
正面の庇の面には無垢板をあしらい良きアクセントに。無垢の木製玄関ドアとの風合いもマッチし、玄関ドアが壁に溶け込むようなデザインに仕上げました。
デザイン自体はBROOKではオーソドックスですが、この塗り壁のカラーリングが新鮮な印象です。

広々としたリビングとウォークスルー土間

1階
玄関を入ると少し広めに確保した土間スペースが広がり、オーブン機能付きの薪ストーブが土間の中央部に鎮座しています。大きめのピッチで土間に目地を入れることで間延びした印象を与えないデザインに整えました。玄関ドアを入って直進するとそのまま裏の畑に直通です。BROOKでも初めてのウォークスルー土間の出来上がりです。この工夫で土間の活用価値がかなり上がりました。
そして、形の良いスッキリしたリビングにステンレスのアイランドキッチンがとても好印象です。
こちらのアイランドタイプのキッチンレイアウトは、家族みんなで料理を中心とした暮らしを楽しむ方には特におすすめです。

将来を考えたうえで、ミニマルな間取りの2階

2階
階段を登った先には一列に並んだバス、洗面脱衣室、トイレが配置されたエリアに。その隣は将来の子供部屋として使えるように工夫されたホールがあります。当面はセカンドリビングか子供コーナーとして活用いただけます。
そして寝室とウォークインクロゼットという構成です。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は2階の間取りはBROOKのコンセプトハウス(BROOK LAB.)と同じ間取りで作ってあります。

全体的な印象は異なりますが、こちらの建物はBROOKのコンセプトハウス(BROOK LAB.)とほぼ同じ間取りの建物です。何度か展示場に足を運ばれたお客様が、展示場の間取りを気にっていただきそれをベースに設計させていただきました。
お客様ならではの工夫はもちろん盛り込んでいますが、建物にインテリアや機能をムダに付加しすぎないことでむしろ使いやすい建物になるという好例でしょうか。
あらかじめシンプルに設計しておけばお客様のライフステージの変化にも柔軟に対応でき、インテリアの自由度もかなり広くなると考えています。
素敵なお庭と裏の家庭菜園をつなぐ中心に土間。毎日を楽しめる住宅に仕上がりました。待望のお子様も誕生し、ますますこれからの進化も楽しみなお宅です。