case040

男鹿の家03

3WAYガレージと
プライベートバルコニーのある家

ダブルシャッターを開け放ったガレージ裏の庭
3WAYガレージのダブルシャッター開放時
裏側のガレージシャッターのみの場合
前面のシャッターを閉じた場合
シャッターを閉じた場合のガレージ裏の庭はプライバシーも十分
シャッターを開放した場合のガレージ裏の庭
土間クロークと薪ストーブ
普段は目立たないリビングと玄関を仕切る引き戸
渋めの塗装で少し重厚感のある木目が程よいリビング・ダイニング
リビング、庭、ガレージを一望できる対面式のキッチン
キッチン前の雰囲気の良いランプは施主様のセレクト
ブルック特注の木製家具と、普段は黒子に徹する主張しないキッチン収納棚
ウッドパネリングで存在感を増したキッチン
ブルックオリジナル螺旋の鉄骨階段
階段上部に鎮座するインダストリアルランプ
角地のプライバシーにも十分に配慮された庭
シャッターを閉じるとよりプライベートな庭に
2階から臨む可愛らしいくもモダンな庭
エアフォースグレーの塗り壁が目を引くキューブ型のガレージハウス
バランスよく配置されたファサード

ガレージを活用し、角地のプライバシーに配慮

道路から見えないようにプライバシーに配慮したリビングと庭をご希望のお施主様。建築予定地を拝見すると確かに角地になっており、お気持ちはよくわかりました。
ガレージを一体型にした建物をお望みでしたので、ガレージの使い方によっては庭とリビングのプライバシーを守るためにも活用できそうでした。
そこで、建物全体を道路に寄せて配置し、L字型の建物が庭を囲むように設計させていただきました。普通ガレージは車庫と小屋としての機能だけのはずですが、ガレージの前後にダブルシャッターを備え、開閉の工夫で庭からつながる東屋のようにも活用できるように工夫をさせていただきました。道路側のシャッターを閉じ、庭側のシャッターを開けると、庭とガレージが連続した空間になり、かつ、道路から庭は見えません。その逆の使い方をすればしっかりとガレージです。
そして両方のシャッターを開け放てば開放感も手に入ります。
この工夫で3パターンのガレージと庭の活用が可能になりました。外観の仕上げはいつもの塗り壁ですが、こちらも最近人気のエアフォースグレーを採用いただきました。
玄関上面の寝室の窓は少し特徴的なデザインのサッシを吟味することで、機能だけでなく外観のアクセントとしても素敵に仕上げることができました。

リビング、ガレージ、庭をシームレスに繋ぐ

1階
玄関を入ると適度な使える大きさの土間と薪ストーブ。
ガレージに収まった愛車を眺めることができる腰高窓と、庭とウッドデッキを満喫するための掃き出し窓の二つが同一面に配置されたリビングは無駄な凸凹のない使いやすい形。
対面キッチンの壁はフロアと質感を揃えたウッドパネルリング仕上げ。キッチン後ろのBROOK特注の木製家具とのバランスもとても良好です。
対面のキッチンから眺められる庭はよく手入れされた青々とした芝生がとても綺麗です。
ガレージのシャッターを閉じると、道路からは見えないプライベートガーデンとリビングになっています。リビングではカーテンは不要の毎日が過ごせそうですね。

さらに、高い壁のプライベートバルコニー

2階
こちらはもはやBROOKの定番とも言える水廻りを2階に配置するタイプを採用です。
洗面、浴室が個室と連動したホテルのような過ごしやすさが身上です。こちらの建物で特筆すべきはガレージの屋根の上全てが約20畳の広大な屋上バルコニーになっていることです。
そしてここもプライバシーに配慮した背の高い壁で覆われています。
誰にも見られずプライベートを満喫できる屋上バルコニーはとても羨ましい空間です。どんな風に活用するかとても楽しみですね。
ただ唯一、注意すべきはこのバルコニーの除雪です。これも排雪用のゲートを作ることでクリアさせていただきました。

暮らしをいつもポジティブに

もちろん雪国秋田の住まいですから、このバルコニーの除雪を始めとして、雪に対しては様々な問題解決も絶対に必要にはなりますが、あまりにも冬のネガティブな部分だけに着目して家を設計するのも時につまらないものです。
短い秋田のオンシーズンを目一杯楽しめるように、という視点で家を捉えてみるのも時には必要かもしれません。
今回はお施主様の「家を楽しみたい」という気持ちに共感でき、また、冬というネガティブな要素も考え方次第では乗り越えた設計ができるということの証明にもなりました。こちらも貴重な勉強をさせていただきました。
もちろん、全ての方に当てはまる考えではありませんが、お施主様とよく話し合って相互に理解を深めれば、こんなに楽しい家が出来上がるのですね。

長い冬を愉しむためのピキャンの薪ストーブ
子供部屋にもなる2階個室
2階を縦断する廊下
2階バルコニーへ続くセカンドリビング 煙突が通り抜けも心地よい2階寝室 寝室の大きなスクエア窓 無駄を省いた大きめの洗面
約20畳のプライベートバルコニー
壁が高いバルコニーの為、プライバシーも安心
2階バルコニーの除雪用ゲート 愛車を眺めるには最適なウッドデッキ 天候が悪くなってもガレージで楽しめる 庭とリビングを繋ぐスペース
階段下からの程よい採光
仕切りのがなく庭とシームレスなリビング
リビングから愛車を眺めることができる腰高窓 内観にもマッチしたインダストリアルテーブル