case037

男鹿の家

独特な外観、
サーファーの感性と利便性を両立した家

立地を活かしたビルトインガレージの迫力のある外観
サーフィンから帰宅しすぐにシャワーを浴びられるガレージ
ガレージからリビングへの動線
ガレージ、玄関、リビング、バスルームへのアクセスポイント
大きいシュークローゼット
無垢材とニッチの雰囲気が程よい対面キッチン
リビングダイニングから玄関、ガレージへの一本道
個室も備えた広々とした1階
ウッドデッキに面した窓からの十分な採光
ウッドデッキから望むガーデンスペース
棚柱で可変性のあるキッチン周り
ホワイトで統一したインテリアに溶け込む主張しないキッチン
2階ホールのスクエアのフィックス窓
自然光も心地よい寝室のロールスクリーン
ガラリと印象を変えるバーチカルブラインド

暮らしやすいプラン+
サーフィン好きのご主人の基地として

ご自身でDIYにも取り組みたいサーフィン好きのご主人と、子育てがこれから始まる奥様と一緒にご相談にみえた今回のお客様です。
ビルトインガレージ二台分がご希望まではよくあるご要望ですが、サーフィンが大好きなご主人はガレージ内にシャワーブースをご希望されていました。
海が近い大きな縦長の敷地は冬場のサーフポイントとしても有名な場所にほど近く、サーフィンの為の基地としての機能も合わせ持つ、とても羨ましいご自宅の計画となりました。
今回、特筆すべきはその外観です。外壁はエアフォースグレーカラーと相まって、まるで軍艦のような迫力満点のデザインです。
これは縦長の敷地に対して、こちらも縦に配置したビルトインガレージをデザイン面でも活かすようにした結果でもあります。
対する室内のプランですが、趣味を満喫するために工夫された部分もありますが、全体としては比較的オーソドックスな暮らしやすいプランにまとまりました。

ライフスタイルの変化にも柔軟に対応

1F
当初はお母様と同居の可能性もあり、一階には個室を設けることでプラン作成をはじめましたが、途中で同居の話は一旦なくなったものの、子育てにも使い勝手のいい個室はそのまま据え置かれました。
今回はオーソドックスな1Fの水回りプランでまとめ、ビルトインガレージからのアクセスを最短でできるように配置しました。
これは、サーフィンから帰ったらすぐに軽くシャワーで流した後、スムーズにバスルームにアクセスできるような動線に配慮したものです。
結果、副産物的に将来ご高齢の家族と同居した場合も有効なプランとなりました。

プライベートを確保しつつも
ゆとりのあるプランニング

2F
寝室を含む2個室をあらかじめ確保し、残りの部分はホールとして使うもよし、後から必要に応じて個室にしてもよしといういつものBROOK仕様。
ここはお客様が自由に活用できるようにあえて余地を残してあります。
このホールの下に設けられた階段を上がりきった所には大きなフィックス窓が設置してあります。
広く取られた開口は明るい日差しがあふれ、天気の良い日は遠く寒風山が望めるように借景を取り入れる工夫もさせていただきました。

お客様の暮らし方や趣味は千差万別、それぞれのお客様が大切にしている部分と、BROOKの大切にしている住宅としての普遍性の部分をいかにうまく融合させるかが鍵になります。
今回のプランでは趣味の要素も多かったため、ともすればそちらに引っ張られてしまう可能性もありましたが、お客様との打ち合わせをじっくりとさせていただいたおかげで、結果として、とてもバランスのいい仕上がりにすることができました。
DIYもお好きなご主人が引き渡しの後にTVボードを自作されたとのことでインスタグラムにアップされていました。
それを拝見すると日々の暮らしを楽しまれているようで、こちらもとても嬉しくなりました。

1階奥のウォークインクローゼットも備えた和室スペース やりすぎない木目のリズムと質感が心地よいリビング 2階フリーホールはライフスタイルの変化で個室にもなります 子供部屋予定の2階個室