case025

新屋の家2

北欧薪ストーブと竹林が織りなす
無国籍スタイル

秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例1
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例2
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例3
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例4
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例5
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例6
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例7
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例8
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例9
秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例9

ベースはシンプルに

とにかく高感度なご夫婦という第一印象の素敵なお二人。そしてとても住まいに対して自分たちの考えをしっかりとお持ちだったのが印象的でした。
一番最初にお問い合わせいただいたとき、他社もよくご覧になってから進めましょうとお話させていただきましたが、結果BROOKを選んでいただいたことはとても嬉しく思います。
とてもセンスの良いお二人は、はじめから住宅に対して明確なイメージをお持ちで、打ち合わせもとてもスムースなうえ、最初からBROOKのコンセプトと見事にマッチしました。
とてもシンプルなベースにお客様のエッセンスが組み込まれると、とても素晴らしい家になること間違いなし。実際に引き渡し直後に搬入された家具を拝見しただけで、こちらまでワクワクしてしまいました。

敢えて、北欧薪ストーブと竹林

1F
アイランドキッチンが鎮座する、まるでお店のような大きな一つだけの空間。
メインの大きな窓に沿って斜めに走るストレートのオリジナル鉄骨階段。階段横の吹き抜け下にはちょっとマイナーな円筒形のスタイリッシュな薪ストーブ。この北欧デザインの薪ストーブがとても良いアクセントになっています。
そしてキッチン横の大きな窓からは広い庭が一望できます。こちらの庭は日本庭園を意識した竹林をあしらっています。もちろんただの日本庭園ではなく、外国人から見た少しずれた感じの日本庭園をあえてご提案させていただきました。
インテリアと建物そして庭、三位一体となったこちらのお宅。とても完成度の高いものになりそうです。

2階へ水廻り
個室対応可能なフリースペース

2F
お子様がまだいらっしゃらないお二人にとって二階も楽しく暮らせるプライベートスペースを意識させていただきました。
二階に水廻りを配置することでホテルのように暮らせるようになっています。大きな二階のホールには、やがて必要になるかもしれない子供部屋も無理なく作れるようにしてあります。ですから必要とあらばすぐに個室にすることも可能です。ただ、今現在はフリーホールとしてプライベートなセカンドリビングとして、またはお二人の趣味のスペースとして、あえて用途を決めずに自由に楽しんでいただけるような贅沢な作りにしてあります。

終わりのない暮らしの楽しみ方

この住宅から分かることは、明確な「暮らし」のコンセプトがあれば、よりお客さまにとっての満足度の高い家造りが出来るということ。お二人のためにほんとうの意味でカスタマイズされたお家が実現するのです。
そして、けっして大きな建物とは言えないこの住宅がこんなにも開放感にあふれたゆったりした雰囲気を出せるのも、出来るだけ無用な間仕切りを避けるBROOKのプランだからこそ。この楽しさを御理解いただける感性のお客様だけが得られる贅沢と言えるかもしれません。
この建物に本当の完成がやって来る日はおそらくありません。それは、お二人が楽しみながら家具や雑貨、照明や庭、これらを吟味しながら末永く楽しみながら設えてゆくものだからです。
暮らしを楽しむためのベースとしてBROOKの家がある。まさしく私達の目指す家造りが具現化出来ました。

秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例10 秋田市新屋の家|北欧薪ストーブと日本庭園(竹林)が織りなす無国籍スタイル|施工例11