case006

雄和の家

秋田ならではのロケーション
平屋という選択肢

雄和の家
すっきりとした白い塗り壁が特徴的な外観の平屋
天井の高いリズミカルに梁が交錯するリビング・ダイニング
内装のミディアムな塗装と窓からの緑がマッチ

のんびりと広がる田園風景の中にポツンと佇む美しい平屋。
正面は真っ白な塗り壁のコントラストを楽しめる窓少なめの印象。ここに重厚な無垢材の特注ドアが印象をぐっと引き締めます。
家の裏手に回ると巨大なサッシが光をふんだんにリビングへと運んでくれます。
ロケーションから裏手には住宅はありませんので、常時開放しておいても気持ちの良さそうな窓です。
そして天窓から光が降り注ぐ、明るいダイニングはとてもナチュラルで優しい雰囲気。
この家は、これで完成ではありません!
先ほどの大開口のサッシの先にはどこまでも伸びるウッドデッキを作ったり、趣味を楽しむガレージを作ったり、はたまたお客様のためのミニ公園化することも十分にできるほどの広い敷地です。
もちろんガーデニングを本格的に楽しむにも絶好のロケーションです。
この家はここからスタートです!御施主様は暮らしを楽しむことができる方ですから、今後どんどん発展してゆきそうな雰囲気満点の「あえて未完成」の建物。
どんなふうに発展してゆくのか、とても楽しみです。

程よい天窓からの採光 コンパクトな雰囲気の良い洗面 秋田ならではの田園に囲まれたロケーション シルバーとホワイトベースのため、自然にも溶け込みやすい外観の平屋