case001

下新城の家

時間の流れを心地よく体感
無垢材と光が共存する家

下新城の家

東通のコンセプトハウスにも似たクールな外観のお宅。夫婦と子供3人家族でお住まいの20代のお客様。クールな外観とは裏腹に、家の中はふんだんに使った無垢材が魅力的なリビングです。対面のキッチンにせず、あえて広い形の良いリビングにこだわったくつろぎ重視の家。
二階は後から子供部屋を追加できるように広いホールが吹き抜けに面して設えてあります。こちらの吹き抜けは西側のスリット窓から入る光線が、壁に綺麗に影を落とす作りで、終始飽きずに眺めていることもあるとか。
およそ8畳の大きな吹き抜けにオリジナルの鉄骨階段が登るさまは、迫力満点の骨太な仕上がり。大きな吹き抜けはリビングを大きく開放的に魅せてくれる自慢の空間です。

下新城の家