コンセプトハウスの中身をチラ見!!

ようやく春の訪れが待ち遠しいようなお天気が続きますね!
さて、東通観音前のコンセプトハウスも周辺の雪が溶けて、いよいよ工事は外回りを残すだけとなりました。さしあたり車が入れるように、駐車スペースを作る予定です。
と言うことは?
はい。ようやく建物は完成です。
お待たせしました!
あとは、内部にBROOK FURNITUREより、オリジナル家具を入れるともうすぐお披露目です!
本日はちょっとだけ、中身を公開です!
最初からお話していたとおり、大きくおおらかな間取りが特徴のコンセプトハウスですが、今回は2階部分に面白い特徴があります。2階は30畳のワンフロアです。
だだっ広い空間を前にすると、あまりの気持ちよさに仕切りたくなくなるから不思議なものです。
そして、この空間を実際に目にしながら、間取りの打合せができるのです。これは、想像を巡らしながら、図面上であれこれ考えるしか無い注文住宅に比べると、むしろ画期的かもしれませんよ!1/1スケールの住宅模型を相手にするように、実際の広さを体感しながらの間取りづくりができるからです。

この写真は、二つのコンセプトハウスをほぼ同じ時間、同じアングルにて、定点観測的に撮ったものです。
外観上の大きな特徴である高めの位置にある窓からは、こんなにも表情豊かな光が刻一刻と変化しながら落ちてきます。ここもやはり、窓の達人、BROOK三浦が大活躍です!(笑)
そして、もう一つ注目すべきはその印象です。
全く同じデザインの二つの家が床のカラーリングを変えるだけで、こんなにも印象が変わります。
上の写真はかなり落ち着いたやや重厚な雰囲気。下の写真は逆にかなり明るい爽やかな印象。
これは、単に室内の色を変えたに過ぎないのです。同じ空間で色の印象を比較できるチャンスは実はなかなか無いことかもしれません。
見学の際はぜひ、そちらにも注目してみてください。
本日はチラ見せでした!

AUTHOR:BROOK Inc.

ブルックのSNSアカウントです。フォローや友だち追加お待ちしております。