ログハウスのお宅訪問!

先日、前職でお世話になった、ログハウスオーナーのお宅を訪問しました!

こちらのお宅、Dログと言われるマシンカットながら、ログハウスのラフさを味わえる人気のスタイル。マシンカットゆえ、精度も高くログハウスの中では比較的リーズナブル。遊びの拠点と住宅の性能をちょうどよくバランスしています。
私もログハウス屋の当時は一番ご紹介した数が多かったタイプ。
もちろん、薪ストーブやDIYとの相性もバツグン!

しかも、住宅としての性能も比較的優れているので、奥様を説得しやすいモデルかもしれません。
例外もありますが、やはり、男性が丸太のログハウスに惹かれてお話がスタートするケースが当時多かったように記憶しています。でも、奥様がちょっとだけ反対。
結果、その中間をとってこちらのDログに落ち着くパターンも多かったように記憶しています。
良い意味でアクがとれているので、どんなスタイルでもこなしてくれる息の長いデザインであることもポイントの一つでしょうか。

ただ、そもそもこのログハウス、一般住宅に比べると格段にメンテナンスの手間はかかります。このため、このメンテナンスも含めて楽しめる方でないと途中で息切れしてしまうケースもあるかもしれません。
ログハウスはユーザーも一緒に楽しみながら、手を加えることで一番生きてくる建物。
コアなログハウスファンの皆様は、そこもよく理解した上で「あえて不便を楽しむ」といった筋金入りの方々が多かった印象です。
確かに圧倒的な存在感と一切のごまかしがない木の密度には男性的な迫力を感じますよね。

雰囲気はこれとは異なるBROOKの住宅ですが、家や暮らしを楽しみたいと考える点では共通点も多いと感じます。しかしこのログハウス、やはり住宅の原点ともいえる堂々たる佇まいは、理屈をこえてとても魅力的ですね。

AUTHOR:BROOK Inc.

関連したBROOKの施工事例はこちら!

ブルックのSNSアカウントです。フォローや友だち追加お待ちしております。